イベント情報

[3/15(日)] 日本地学オリンピック とっぷ・レクチャー 聴講者募集

NPO法人地学オリンピック日本委員会主催の「とっぷ・レクチャー」のご案内です。
*イベントの詳細確認、聴講にあたっての事前登録は、公式ホームページ(外部リンク)で行ってください。

地学オリンピックとは?
地学オリンピックは、中・高校生が地学の知識や思考力を競い合い、地球を楽しむ『チャンス』です。試験では、地質に関する記述や標本(岩石・鉱物・化石)の鑑定など、ジオパークに関連する問題も出されます。

 

(公式ホームページより)
地球惑星科学の研究者による講演「とっぷ・レクチャー」を開催します。
この講演は、第12回日本地学オリンピック本選研修(グランプリ地球にわくわく2020)の一環として行われるもので、地球 惑星科学ならびに地学の普及と振興のため、一般のみなさまにも公開します。

 

開催日時|2020年3月15日(日)
13:30~17:00終了予定(受付13:00~)

会  場|筑波銀行本部ビル10階大会議室
(つくば市竹園1-7)

内  容|❶岩橋 純子(国土地理院)
ブロック化した地形~DEM(数値標高モデル)から分かること、そしてマイクラ~
❷重田 康成(国立科学博物館)
研究者はいかにしてアンモナイトを見つけるか
❸杉原 薫(筑波大学)
サンゴとサンゴ礁から探る地球環境変動史
❹宇都宮 正志(産業技術総合研究所)
山に分け入り、地球史を読み解くー房総半島の地質からー

募集人数|先着150名 *事前登録が必要です(座席に余裕がある時は当日参加も可能)

問合せ先|NPO法人地学オリンピック日本委員会
ホームページ http://jeso.jp/index.html

地図を見る:つくば銀行本部

※別ウィンドウで地図が表示されます。