1. ホーム>
  2. [ストーリー7] 石・土・水が育んだ筑波山地域の産業

[ストーリー7] 石・土・水が育んだ筑波山地域の産業

[ストーリー7] 石・土・水が育んだ筑波山地域の産業

 筑波山地域の大地がもたらす石、土そして水は、本地域の様々な伝統産業を育んできました。「真壁石」や「稲田石」とよばれる花崗岩は、良質の石材として迎賓館や国会議事堂などに用いら れ、日本の近代建築の発展を支えました。花崗岩が風化してできた良質の粘土は、古来本地域の窯業を育み、笠間焼などの関東を代表する焼き物を世に送り出しました。筑波山塊がもたらす豊富な水は、関東平野や霞ヶ浦での農業や水産業、酒・醤油などの醸造業や霞ヶ浦流域での水運を発展させました。

(16)稲田・福原ジオサイト

(15)笠間盆地ジオサイト

(16)歩崎

『石の百年館』の画像

石の百年館(歴史・文化ポイント、ビジターセンター)

『友部層に含まれる粘土』の画像

友部層に含まれる粘土

『帆曳船発祥の地』の画像

帆曳船発祥の地(歴史・文化ポイント)

石の百年館は花崗岩(稲田石)の採石の歴史を紹介した 資料館で、建材として再利用した稲田石が使われています。館内では、稲田・笠間付近の岩石や鉱物、花崗岩に関連する窯業や酒造業なども紹介されています。 笠間盆地には、花崗岩が風化してできた粘土を多く含む地層が点在しています。石英粒子を含むこの粘土は蛙目(がいろめ)粘土とよばれ、江戸時代から続く伝統工芸品である笠間焼の胎土として用いられています。 出島先端に位置する歩崎は、茨城県内で最初に指定された名勝地で、帆曳船発祥の地としても知られています。 歩崎周辺では、帆曳船や帆曳き網漁の保存・継承を目的とした観光帆曳船が毎年7~11 月に操業しています。

その他のジオサイト:(2)加波山・足尾山、(13)八郷盆地、(21)土浦など

 

[STORY 7] Industries in Mt. Tsukuba Area Developed by Stones, Soils and Water

     Stones, soils and water of the land of Mount Tsukuba areas developed a variety of traditional industries of the area. Stones from this area supported development of Japanese modern architecture. Granite called ‘Makabe stone’ or ‘Inada stone’ produced here were used for building the State Guest-House and the Diet Building because of its high quality. Since granite weathered and turned into high quality clay, it developed the ceramic industry of the local area from the ancient times. Kasama ware of this area represents the Kanto pottery industry. Rich water from Mount Tsukuba Massif developed agriculture and water industry of the Kanto Plain and Lake Kasumigaura District, sake and soy source brewing industry and the water transport of the basin of Lake Kasumigaura.

(16)Inada and Fukuhara

(15)Kasama Basin

(16)Ayumizaki

『石の百年館』の画像

Inada Stone Museum

『友部層に含まれる粘土』の画像

Tomobe layer

『帆曳船発祥の地』の画像

The Cradle of Towing Boat

At Inada Stone Museum, you can learn the history of granite (Inada stone) quarrying. The building of the museum is made of recycled Inada stones. Rocks and minerals quarried around Inada and Kasama are exhibited, and ceramic industry related to granite and sake brewing industry are introduced here. Kasama Basin has sedimentary layers that contain a lot of clay that weathered granite turned into. This type of clay containing particles of quartz is called gairome clay, which is used as ground material for Kasama ware, the traditional craftwork started in the Edo period. Ayumizaki, located at the tip of Dejima, is the first designated place of scenic beauty in Ibaraki Prefecture, which is also known as the cradle of fishing boats.  Between July and November every year, tourist towing boats are operated around Ayumizaki for the purpose of preserving the boats and net fishing on them.

Other Geosites: (2) Mt. Kaba and Mt. Ashio / (13) Yasato Basin / (21) Tsuchiura

スマートフォン用ページで見る