1. ホーム>
  2. [ストーリー4] 筑波山塊に残る氷期・間氷期の森林生態系

[ストーリー4] 筑波山塊に残る氷期・間氷期の森林生態系

[ストーリー4] 筑波山塊に残る氷期・間氷期の森林生態系

 筑波山、加波山や吾国山など筑波山塊の山頂付近で見られるブナ林は、約2万年前の地球最後の氷河期から生き延びてきた森林です。また、中腹から山麓で見られるスダジイやタブノキは、本来温暖な地域の海岸近くでよく見られる樹木ですが、約7,000年~6,000年前の温暖で、海岸線が今よりも内陸にあった時代に、筑波山塊まで分布を広げたと考えられています。このように筑波山塊には、過去の急激な気候変化とともに移り変わってきた植生の面影が残されています。

(5)筑波山山頂ジオサイト

(4)酒寄・椎尾ジオサイト

『女体山山頂付近のブナ林』の画像

女体山山頂付近のブナ林(生物・生態系ポイント)

『椎尾山薬王院のスダジイ林』の画像

椎尾山薬王院のスダジイ林(生物・生態系ポイント)

山頂付近で見られるブナ林は、約2万年前の氷河期の生き残りと言われ、 近年その衰退・減少が危惧されています。ブナが生い茂る登山 道や自然研究路沿いでは、カタクリをはじめ四 季折々の動植物を楽しむことができます。 酒寄では、冬季の温暖な気候と水はけのよい地形を利用したフクレミカンや ウンシュウミカンの栽培が盛んです。また、樹齢数百年と言われる椎尾山薬王院のスダジイの樹叢(じゅそう) は、茨城県の天然記念物に指定されています。

その他のジオサイト:(2)加波山・足尾山、(6)筑波山南麓、(12)峰寺山・十三塚、(14)吾国山・愛宕山など

 

[STORY 4]  Forest Ecosystem of Glacial Age and Interglacial Age in Mount Tsukuba Massif

     The forests of beech on the top of Tsukuba Massif-Mt. Tsukuba, Mt. Kaba and Mt. Wagakuni-has survived since the last glacial age of the earth about 20,000 years ago. Castanopsis sieboldii (a species of Japanese chinquapin) and Machilus thunbergii can be found around the mid-slope and the foot of Mt. Tsukuba. These trees normally grow in seaside areas in a mild climate. Therefore, it can be considered that they spread to Tsukuba Massif when the coastline was more inland and the climate was mild approximately 7,000-6,000 years ago. You can see the trace of vegetation changes with the rapid climate changes in the past in Tsukuba Massif.

(5)Top of Mt. Tsukuba

(4)Sakayori and Shio

『女体山山頂付近のブナ林』の画像

Forest of Beech on Nyotai-san

『椎尾山薬王院のスダジイ林』の画像

Yakuo-in Temple and Wild Catanopsis Siebodii

The forests of beech that can be seen around the summit of Nyotai-san are said to be survivors of the glacial age, 20,000 years ago. In recent years, they are in danger of extinction or decrease. On the hiking paths and the nature study path along which Japanese beeches thickly grow, you can enjoy animals and plants of every season including dogtooth violets. The mild climate of winter and good drainage of the land of Sakayori allow prosperous production of Fukure oranges and Unshu mandarins in the region.  The wild Catanopsis sieboldii trees (a species of Japanese chinquapin) in Shīo-Yakuō-in Temple-the age of the tree is said to be some hundreds years old-are designated as a Natural Monument of Ibaraki Prefecture.

The other Geosites: (2) Mt. Kaba and Mt. Ashio / (6) South foot of Mt. Tsukuba / (12) Mt. Minedera and Jusan-zuka / (14) Mt. Wagakuni and Mt. Atago

スマートフォン用ページで見る