1. ホーム>
  2. [ストーリー3] 古東京湾や古鬼怒川などがつくり出した霞ヶ浦

[ストーリー3] 古東京湾や古鬼怒川などがつくり出した霞ヶ浦

[ストーリー3] 古東京湾や古鬼怒川などがつくり出した霞ヶ浦

 霞ヶ浦(西浦)に突き出た出島半島とその付け根にある2つの入り江(土浦入りと高浜入り)は、約13万年前以降の気候変動がもたらした急激な海面上昇と低下の繰り返しと、それに伴う陸上での河川の大規模な削り 込みや流路の変更がつくり出した地形です。こうした地形やその中に含まれる堆積物は、かつてこの地域に「古東京湾」や「古鬼怒川」とよばれる大きな内海や大河川が存在していたことを私たちに教えてくれます。

(19)崎浜・川尻ジオサイト (24)桜川中流ジオサイト (20)沖宿ジオサイト

『崎浜のカキ化石床』の画像

崎浜のカキ化石床

『古鬼怒川の礫質堆積物』の画像

古鬼怒川の礫質堆積物

『湖岸低地とハス田』の画像

湖岸低地とハス田

崎浜から川尻にかけては、約 7,000年~6,000年前の縄文海進時の波浪でつくられた崖がよく発達しています。これらの崖に は、古東京湾が発達していた時代の干潟に生息していたカキ化石の 密集層が見られます。 筑波山西麓には、約2万年前までここを流れていた古鬼怒川がつくった広い平坦面が発達しています。桜川の河岸や河床では、約3万年前に古鬼怒川が日光連山から運んだ安山岩や流紋岩など多数の丸いレキが見られます。 沖宿は、霞ヶ浦がかつて海だった頃に形成された州浜上につくられた集落です。周辺に広がる低湿地帯は、約7,000年~6,000年前の縄文海進後の海面低下で形成されたもので、現在は国内第1位のレンコン生産地となっています。

その他のジオサイト:(26)六斗、(23)花室川、(22)上高津、(17)高浜・石岡など

 

[STORY 3] Lake Kasumigaura: Formed by Paleo-Tokyo Bay and Paleo-Kinu River

     Dejima Peninsula, which sticks out to Lake Kasumigaura (Nishi-ura), and two inlets called Tsuchiura-iri and Takahama-iri are in this zone. These areas were formed by the processes of repeated rapid ups and downs of the sea level changes caused by the climate change that started 130,000 years ago, followed by large erosions of the land down to rivers and river channel migrations. These landforms and deposits they contain let us know that there used to be a big inlet, called Paleo-Tokyo Bay and a big river, called Paleo-Kinu River.

(19)Sakihama and Kawajiri (24)Middle of Sakura River (20)Okijuku

『崎浜のカキ化石床』の画像

Oyster Shell Bed of Sakihama

『古鬼怒川の礫質堆積物』の画像

Rudaceous Deposits of Paleo-Kinu River

『湖岸低地とハス田』の画像

Lowland by Lakeside and Lotus Field

Cliffs between Sakihama and Kawajiri were developed well by waves during Jomon Transgression, 7,000-6,000 years ago. Layers of crowding fossils of oysters that inhabited in the muddy tidal when Paleo-Tokyo Bay was being developed can be found in these cliffs. Vast planation surface formed by Paleo-Kinu River, which used to flow until approximately 20,000 years ago, spreads in the western foot of Mt. Tsukuba. Many round gravels including andesite and rhyolites that Paleo-Kinu River carried from the Nikko mountain range roughly 30,000 years ago, can be seen on the river bank and river bed of Sakura River.  Okijuku is a small village on the sandbar that was formed when Lake Kasumigaura was a sea. The morasses around Okijuku were formed by the sea level drops after Jomon Transgression approximately 7,000-6,000 years ago. This area produces the most lotus roots in Japan.

The Other Geosites: (26)Rokuto / (23)Hanamuro River / (22)Kamitakatsu / (17)Takahama and Ishioka 

スマートフォン用ページで見る