1. ホーム>
  2. [ストーリー2] ダイナミックな大地の変動を語る筑波山塊と鶏足山塊

[ストーリー2] ダイナミックな大地の変動を語る筑波山塊と鶏足山塊

[ストーリー2] ダイナミックな大地の変動を語る筑波山塊と鶏足山塊

 鶏足山塊の山々には、チャート、石灰岩や砂岩・泥岩などの岩石が点在しています。これらの岩石は、約2億5,000万年~1億5,000万年前の海洋プレートの大移動と沈み込みの過程で、深海底、海山上や海溝 付近で形成されたものです。このように、形成年代や環境が大きく異なる岩石が現在まとまって見られるのは、海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む際に、表面にあった岩石が大陸プレート側に次々と剥ぎ取られて貼りつけられたからです。こうした岩石の集合体は「付加体」とよばれ、日本列島の背骨となる地質を形成しています。

(15)笠間盆地ジオサイト (1)高峯・富谷山ジオサイト (9)雪入・三ツ石ジオサイト

 『滝野不動堂の石灰岩塊』の画像

滝野不動堂の石灰岩塊

『高峯の砂岩・泥岩互層』の画像

高峯の砂岩・泥岩互層

 『雪入ネイチャーセンター』の画像

雪入ネイチャーセンター

笠間盆地北部にある滝野不動堂の境内では、石灰岩の岩塊が長年の風雨で風化・侵食してできた小さなカルスト地形が見られます。 この石灰岩は、海洋プレート上の 海山の浅海域で形成されたものです。  高峯や富谷山では、砂岩・泥岩やそれらの互層が分布しています。こ れらの岩石は、海洋プレートと大陸プレートの境界付近で形成されまし た。高峯はヤマザクラの群生地としても有名で、春の開花期には多くの観光客が訪れます。 雪入ふれあいの里公園は採石場 跡地を利用した自然公園です。園内では花崗岩や変成岩をはじめ、 筑波山塊の動植物を観察できます。付属のネイチャーセンターでは、採石中に発見された珍しい鉱物も展示されています。 

その他のジオサイト:(7)平沢・宝篋山、(8)山ノ荘、(10)閑居山・権現山、(11)龍神山・波付岩、(12)吾国山・愛宕山など

 

[Story 2] Tsukuba and Keisoku Massifs: A Dynamic Land Movemont

     Rocks of chert, limestone, sandstone and mudstone are interspersed on Keisoku Massif. These rocks were formed in the deep seafloor, on the seamount and near the trench, during the great movement of the oceanic plate and the process of subduction approximately 250-150 million years ago. When the oceanic plate subducted under the continental plate, rocks on the surface of the oceanic plate were scraped off and stuck to the continental plate one after another. That is why you can see mass of rocks formed in very different ages and different environments now. There, rocks are called ‘accretionary prisms' and they form the topographical feature of the Japan Islands’ backbone.

(15)Kasama Basin (1)Takamine and Mt. Tomiya (9)Yukiiri and Mitsuishi

 『滝野不動堂の石灰岩塊』の画像

A small karst at Takino Fudō Temple

『高峯の砂岩・泥岩互層』の画像

Sandstone, mudstone and alternated beds of strata at Mt. Takamine

 『雪入ネイチャーセンター』の画像

Yukiiri Nature Center

A small karst can be seen in Takino Fudo Temple in the north of Kasama Basin. Weathering and erosion of long years made a horse of limestones into the karst. These limestones were formed in the neritic region of the seamount on the oceanic plate.  In Mt. Takamine and Mt. Tomiya, sandstone, mudstone and alternated beds of strata can be seen. These rocks were formed near the border of the oceanic plate and continental plate. Since Mt. Takamine is well known for its vegetation of wild cherries, the area is bustled with visitors in the flowering season. Yukiiri Fureai-no-Sato Park is a nature park constructed on the site of a quarry. Granite, metamorphic rocks, animals and plants of Tsukuba Massif can be seen in the park. Rare minerals found during quarrying are also exhibited in the Nature Center in the park. 

 The other geosites: (7)Hirasawa and Mt. Hokyo / (8)Yamanosho / (10)Mt. Kankyo and Mt. Gongen / (11) Mt. Ryujin and Namitsuki Rock / (14) Mt. Wagakuni and Mt. Atago

スマートフォン用ページで見る